目の下がしわになってしまうのを防ぐために

目元というのは、顔の中でも皮膚が薄くなっている場所なので、トラブルが起こりやすい場所といわれています。
もし、自分の目の下にしわができてしまったらと想像すると、かなり恐ろしい気持ちになってしまうのではないでしょうか。
目元は顔の印象を大きく決めるものですから、目の下にしわができているだけで一気に老けた顔に見られるようになってしまいます。

実は、普段日常的にやっていることでも、数年後に目の下のしわになってしまいかねない危険な行動というものがあります。
それにもし当てはまっているところがあったとしたら、すぐにその行動をやめて、目の下のしわを生み出さないようにしましょう。
例えば目をごしごしとこすることや、クレンジングの際にアイメイクを落とすとき、ぐりぐりと指で押しながら落としていないでしょうか。
こういった目の下に刺激を与えることで、しわになってしまう危険が高まってしまうことになります。

他にも目の下ににじんだアイシャドウをこすって取っている、目の周りをマッサージするときに力を入れてしまう、目の下が乾燥していても放置しているなどです。
なぜ目の下にしわができてしまうかというと、摩擦をしてしまうことや乾燥していること、目の下の皮膚が血行不良になっていることなどがあります。
それを避けるように意識するだけでも、目の下にしわができることを避けられるようになります。
普段から何気ないときに目の下に刺激を与えてしまっているものですが、この習慣を見つけてそれをやめるところから始めてみましょう。
自分の普段の行動を振り返ってみて、何か危険なことをしていないかを見つけてみてください。