唇が荒れる原因は生活習慣にある

例えば冬になると、空気が乾燥して唇が荒れてしまうという人も少なくないでしょう。
しかしながら、その原因は本当に空気の乾燥だけが原因なのでしょうか?
実際にはあなたが無意識にしている生活習慣のある行動が、唇の荒れの原因になっている可能性があります。
では、唇が荒れるNGな行動についていくつか紹介します。

まず鼻呼吸ではなく、口呼吸をする場合、唇が乾燥しやすくなるので注意が必要です。
また鼻呼吸ではなく、口呼吸の方が、ウィルスが感染しやすい状況だと言えるので、呼吸は鼻呼吸を意識して行うようにして下さい。

そして唇が乾燥している人がやりがちなNG行為は、唇の乾燥が気になって唇を舐めてしまう行為です。
一瞬だけ確かに潤った気がしますが、実はこれ、水分が蒸発する際にさらに唇の乾燥はひどくなってしまいます。
絶対に舐めずに、リップクリームで潤すようにして下さい。
また塗っているリップクリームや口紅が刺激が強いものではないですか?
強い刺激が唇の荒れに繋がっている可能性があります。
唇が荒れている時は、低刺激なものを選びましょう。また天然由来の成分という意味でもハチミツは唇の荒れに効果的です。

食事の後に、ナプキンで唇を擦っていませんか?
それがマナーだと勘違いしているかもしれませんが、ナプキンでは唇を擦るのではなく、口の周りについたソースを軽く抑える程度いいのです、擦れば唇が荒れる原因になってしまいます。
唇の荒れがひどくなると、唇の皮までめくれてしまいます。ここで気になるからとめくってしまうと、さらに唇は荒れる悪循環ですから、ここは我慢して潤いだけ与えて、触らないようにしましょう。