作業

作業毎日彼と連絡を取り合うこと。
週末には彼と会うこと。
それが私たちがお付き合いを始めてからの日常でした。

「そうしよう」
と約束をしたわけではありませんが、毎日それが続くと自然と1日の流れの中に組み込まれてしまうものですよね。
それが付き合い当初の頃はとても嬉しくて幸せなことでした。

彼の「おはよう」という言葉で始まって「おやすみ」という言葉で1日を終えることが出来る。
それがとても嬉しかったのです。

・・・のはずなのに、私と彼は段々そのやり取りを作業的なものと捉えるようになっていったのです
「ああ、そろそろ時間だから彼に連絡をしなくちゃ」
という気持ちになることが多く、その中には面倒だという心理状態も含まれていました。

私たちの関係が少しずつ終わって行くのを感じていました。
出来れば続けたいとも思ったのですが、私たちの関係がそうして終わっていくことが
悲しいけれど自然なことのように思えたのです。

とても寂しいことですが、仕方の無いことですよね。
そうして、私は彼に別れ話をすることにしました。
そして、彼もまた同じような気持ちを抱いていて静かに1つの恋愛が終わりました。

今にして考えてみると、恋愛の基本姿勢や向き合うという姿勢が足りなかったのかなあと思うのです。